タバコのヤニはどうすれば落ちるのか?

タバコを吸っている人なら誰でも歯にヤニ汚れが付いてしまいます。

吸っている頻度や期間によって汚れ具合というのは変わってきますが、
ひどい場合だと歯の裏側だけでなく表側まで茶色く着色してしまうこともあります。

 

 

日本人は歯に対する意識が低いと言われていますが最近ではかなり気を使う人が増えてきていると言えるでしょう。
また、タバコに関しても完全に悪者扱いされてきていますね。

 

 

そんな背景もあってタバコのヤニで歯が黄ばんでいたり着色していると・・・
それだけで目の敵にされる!とまではいかないかもしれませんがイメージとしては完全にマイナスでしょう。

 

 

もちろん、NOと言えない日本人なので面と向かって指摘をされるというケースは少ないかもしれませんが、
きっと心の中では、歯が汚い=「不潔、だらしない、歯を磨いていない人」というような印象になってしまいます。

 

 

そうならないためには、禁煙をするか、ヤニによる歯の着色汚れを落とすかのどちらかしかありません。
今現在も喫煙している人というのはきっと私も含めて辞めるつもりが毛頭ない人ではないかと思います。
さらに歯の着色汚れというのは何もタバコのヤニだけではなくそれも含めたステインが原因となっているので
タバコを辞めたから歯が綺麗になるというわけでもありません。

 

 

であれば、重要なのはタバコのヤニ汚れを落とすことができるケアをするということでしょう。
タバコのヤニ汚れは着色汚れの中でも頑固な部類なのでそれを落とすのは難しいのではないかと思う人が多いと思いますが、
実は本格的なホワイトニングで数万円の費用をかけたりしなくても落とすこともできるんです。

 

 

そういった自宅でできるホワイトニングジェルや歯磨き粉というのが今とても人気になっています。
歯科医院のクリーニングでもヤニ汚れを落とすことはできますが、喫煙している限りはまたヤニは再付着してしまいます
しかし、普段からできるケアで歯を白くすることができれば例え喫煙を続けても白い歯を維持することができます。

 

 

間違っても激落ち君のようなメラニンスポンジで歯を擦ったり、重曹で歯を磨くなんてことを試さないでくださいね。
市販の歯磨き粉よりは高い商品が多いですが、美容歯科や審美歯科に通うことを考えればずっと低予算で済みます。

人気の歯のホワイトニング商品ランキング

リピーターが続出して通販では3秒に1個売れている大人気商品です。
ウルトラメタリン酸EXという成分がタバコのヤニを含む歯にこびり付いた着色汚れを
強力に浮かせて剥がしてくれるようなイメージです。

 

現役の歯科医院が勧める数少ないホワイトニングジェルの中の一つで、
今なら全額返金保証も付いているので実際に使ってみてその効果の程をお試しできます。

 

喫煙者のデンタルケアには欠かせない一本ということができるでしょう。

 

 

女子アナのCMで一躍人気になったホワイトニングジェルです。
口元を特に気にする女子アナの方の普段使いの商品ということで注目度が高いですね。
また、90%以上が植物由来の成分でできているということで大人から子供まで使えるので
ご家庭に一本という買い方をしている人も多くコストパフォーマンスにも優れています。

 

トゥービーホワイトエッセンスも植物由来のスイカズラエキスを中心とした成分が
歯の表面の汚れを浮かせて落としてくれるのでエナメル質が削れるといった心配がありません。

 

返金保証が付いていない分お得に購入することができるというのが特徴です。

 

 

 

歯の着色汚れを落とすだけではなく歯周病予防、口臭予防などをケアしてくれる
成分が含まれているということで人気になっているホワイトニングジェルです。

 

美容ブロガーや女性モデル、タレントなどが利用していることから女性人気の高い商品です。
そして、コスメや美容グッズの口コミ評価サイトで知られる@コスメのオーラルケア部門では1位です。

 

90日間という長い返金保証期間が設けられているのでそういった意味では安心して利用できる反面商品価格という点で見ると他の商品よりも高いというデメリットもあります。

 

歯に付着したタバコのヤニ汚れをクリーニングで落とす

歯医者のクリーニングだとタバコのヤニ汚れは比較的綺麗に落とすことができます。
ですので、茶色くこびり付いてしまっているようなヤニ汚れになっている場合は
一度歯医者のクリーニングで落としてもいいでしょう。

 

歯医者のクリーニングは歯の表面を薄く削るので一度で違いがわかると思います。
費用は保険が使えるので1000円〜2000円程度で済みます。
ただし、次のクリーニングは3ヶ月程度期間を空けなければいけません。

 

また、削るといっても歯医者のクリーニングでは歯の再石灰化によって
元の状態に戻る範囲で薄く削っているので歯が弱くなる、虫歯になりやすいということはありません。

 

 

先程もチラッと触れましたが歯医者でクリーニングをしても喫煙している限りは
歯医者でクリーニングをしてもタバコのヤニ汚れは再付着してしまいます。

 

 

歯の健康への心配はありませんが、削っているだけにその箇所には再びタバコのヤニ汚れが
他の箇所に比べると付着しやすく
、何も手入れをしなければまたすぐに元の状態ぐらいに
歯が黄ばんでしまいます。

 

私自身が喫煙をしているのでタバコのヤニ汚れはかなり気になっているので、
クリーニングも3ヶ月に1度は行うのですが、その間にもヤニ汚れが気になっていました。

 

ですので普段からできるケアで、歯を白くしたいと辿り着いたのが当サイトで紹介している
研磨成分の入っていないホワイトニングジェルです。

 

日常的にホワイトニングジェルを使うことで圧倒的にタバコのヤニによる歯の着色が少なくなっていると感じています。

 

重曹で歯は白くなるのか?

歯に重曹

最近ではさまざまなところで利用されている重層ですが、この重層で実は歯も白くなる。
という話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、実は重層で歯が白くなるということは実際にはないようです。
なので歯のに付いたタバコのヤニ汚れも重曹では落とすことはできません。

 

 

重層は炭酸水素ナトリウムというものです。
この炭酸水素ナトリウムは酸を中和するという働きがあります。

 

虫歯は口の中が酸性に偏ることで起こりやすくなりますので、酸が中和されて虫歯の予防をすることができるという効果は期待できます。

 

 

しかし、炭酸水素ナトリウムには歯を白くするような効果は化学的にはありません。
通常ホワイトニングに使われる成分は過酸化水素や過酸化尿素というものです。

 

 

しかし、中には重層で歯が白くなったという人もいると思います。
これは重層が研磨剤の役割をして歯の表面についている汚れが落とされただけという事があります。

 

 

しかし、このようなケースで歯が白くなった場合には注意しなければなりません。
研磨剤の役割で歯が白くなったということは、歯の表面が削り取られ歯の表面が傷だらけになってしまったということになります。
この傷に汚れが入り込むとよけいに落ちにくくなりますし、エナメル質が減り余計に黄ばみを感じることになります。


 

歯のホワイトニングと歯周病

歯に付いたタバコのヤニ汚れを落とす手段としてはホワイトニングもありますね。
歯のホワイトニングを行う時に気になることの一つに歯周病があります。
実は歯周病があるといくら歯を白くするホワイトニングを行いたいと思っても難しいケースがあります。
実は歯周病の状態によっては一度歯周病の治療を行ってからではないと行えないケースもあります。

 

口の中の組織というのはとてもデリケートです。
ちょっとしたキズでも沁みますよね。

 

ホワイトニングを行う時にはホワイトニング薬剤を利用しますが、この薬剤が歯周病の部分に付着してしまうととても大変なことが起こります。

 

実はホワイトニングを行うと一時的に知覚過敏の状態になり、痛みを感じることがありますが、歯周病の人はさらに痛みが長引いてしまうことがあります。

 

 

もちろん、審美歯科の医師は状況に応じてホワイトニング剤を使い分けますが、歯周病が酷い場合には知覚過敏を通り越して歯髄炎を起こしていしまうことがあるため、まずは治療を行ってからホワイトニングを行う必要があるということになっているそうです。

 

歯周病は治す必要がありますから、まずは治療を行ってからの方がベストな選択になります。

 

 

歯を白くする・ホワイトニングの関連記事はコチラ

 

歯を白くする方法@自宅・歯医者でできるホワイトニングを徹底解説

 

歯を白くする方法※歯の黄ばみは自宅で落とせる

 

歯を白くする歯磨き粉の口コミ※人気歯磨き粉の口コミを徹底調査

 

歯を白くする裏ワザ【身近にあるもので歯は白くなるのか?】

 

自宅で歯を白くしたい方におすすめ!タバコのヤニ汚れも落とせる方法

 

※発泡剤・研磨成分なしの歯磨き粉ランキング【2018年最新版】

 

ちゅらトゥースホワイトニングの効果とお得な通販情報

 

※歯のホワイトニングジェル(歯磨き粉)人気の通販ランキング【2018最新版】

 

【これはお得!】歯磨きで歯を白くする@人気のホワイトニングジェルを教えちゃいます

 

歯のステイン除去にオススメの歯磨き粉